FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 老朽化のため取り壊されたJR上野駅(台東区)前の商業ビル「西郷会館」の建て替え工事が終わり、15日に「UENO3153」として新装オープンした。

 全面ガラス張りの新設ビルは、地上3階、地下2階建て。フランス料理「上野精養軒」やビアホール「銀座ライオン」など老舗のほか、すし店や焼き肉店など10店が入居。1階の洋菓子店やパン店では、上野らしくパンダをデザインしたオリジナル商品が並ぶ。

 西郷会館は、高度成長期の集団就職で上野駅に降り立った若者らでにぎわった1959年開店のレストラン「聚楽台」などが入る商業ビルだった。安土桃山時代の城をイメージした内装は、昭和の雰囲気を色濃く残しているとして人気があった。だが、老朽化が進み平成20年に聚楽台が閉店。会館も22年に解体された。


>>>サッポロライオンは、商業施設「UENO3153(さいごうさん)」の地下1階に「銀座ライオン」を開店。広さは73.48坪で、客席は全120席。赤レンガの壁や緑色タイルの太い柱、レトロな照明、丸いテーブルなど、古くから多くの人に親しまれている「ビアホールライオン銀座7丁目店」をイメージしたレトロな装飾。昭和ノスタルジーと重厚感を兼ね備えたビアホールを演出している。







スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/670-d73f5c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック