FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
「ギョーザ日本一」宇都宮2位転落、首位は…


 総務省が1月31日に公表した昨年12月の家計調査の集計結果によると,ギョーザの世帯当たりの購入額で,栃木県宇都宮市が15年間守ってきた日本一の座から陥落し、静岡県浜松市が2011年の首位になった。
 2011年の世帯当たりのギョーザ年間支出(購入)額は、浜松市が4313円で首位、宇都宮市は3737円で前年の6133円から大幅に減り、首位から2位に転落。東日本大震災後のスーパーなどの休業が影響したとみられる。

2012-gyouza-kakei01



 ニラや白菜が特産の宇都宮市は1990年、「ギョーザ日本一」を宣言。市内には専門店が80以上あり、99年から「餃子祭り」を毎年開催している。
 対して,浜松市はモヤシを添えたギョーザが人気で、市内に約80の専門店がある。


 宇都宮市は1990年ごろから「餃子のまち」として売り出して全国的に有名になった。市の玄関口・JR宇都宮駅前には「餃子像」が立つ。 一方の浜松市は、独自の調査を基に07年に「餃子消費量日本一」を宣言して以来、 両市はライバル関係にある。


 家計調査で対象にしているのは、スーパーなどの小売店で購入した生や加工のギョーザに限る。総務省によると、宇都宮市に約80あるギョーザ専門店の店内や持ち帰りで食べたものは「外食」と分類され、カウントされない。自宅で手作りしたギョーザは「ニラ」や「白菜」、冷凍ギョーザは「冷凍食品」の支出とみなされるという。


⇒⇒総務省 「家計調査報告(二人以上の世帯)―平成23年12月分速報―」
   http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm





『ビジュアル流通の基本』は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/550-47971b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック