FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
現行国産公用車とのリース代差額分を市長給与を返納
  出典:TBSニュース https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0717/tbs_190717_0849884087.html
     産経新聞:https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0717/san_190717_5320621228.html 


 千葉県市川市 http://www.city.ichikawa.lg.jp/ ,市長と副市長の公用車として、米電気自動車(EV)大手テスラモーターズのスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」(車両価格約1100万円)を導入したことで,批判が殺到している。この問題で,市長がリース料金の値上がり分を自身の給料から減額する考えを示した。
 
 市川市が市長・副市長の公用車として米テスラ社の高級電気自動車(EV)2台を導入するとしていた問題で,村越祐民(ひろたみ)市長は17日,既にリース契約を結んだ1台について,現行国産公用車とのリース代差額分(月額8万5000円)を市長給与を返納する形で自身で負担すると発表した。

 超高級車導入について村越祐民(ひろたみ)市長(45)は,「新しい方向性を先進的に示していくため,電気自動車を購入した」と語っている。また,市は環境保護に取り組む姿勢をアピールできるとして二酸化炭素の排出量を大幅に抑えられるテスラ車の導入を決めた。だが高額なリース代に対し,一部市議などから批判が出ていた。まだリース契約を結んでいない2台目については入札を保留する。

 市によると,今月から8年間のリース契約を結んだテスラのスポーツ用多目的車「モデルX」(車両価格約1100万円)のリース代は現在使用している国産のハイブリッド車(月額6万円)の2倍を超える月額14万5000円。

 市議会は既に導入予算案を可決していたが,一部市議らが導入見直しを求める決議案を提出し,6月末に賛成多数で可決。多くの市民からも「なぜ,外国の高級EVを導入するのか」といった批判が市に寄せられていた。 

 村越市長は17日に開いた記者会見で「批判を重く受け止める。9月市議会で条例を改正し,市長給与でリース代の差額分8万5000円を8年間返納する」と説明。近く行う予定だったセダンタイプの「モデルS」の入札を保留にしたことも明らかにした。



 村越氏は,千葉県議から2003年に旧民主党から衆院議員に初当選。12年には野田佳彦内閣で外務大臣政務官を務めた。同年12月の衆院選で落選。2017年11月の市川市長選で最多得票となったが法定得票数に届かず,2018年4月の再選挙で当選を果たした。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/2119-7e0225f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック