FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 紳士服量販大手のAOKI。同社は,長野を創業の地とし,全国的にも知られる有力企業である。その成長の歴史をトレースする。

沿革 創業から1960年代  
 
 1958(昭和33年) 9月 長野県長野市篠ノ井で個人商店 「洋服の青木」を青木 擴憲(現代表取締役社長)が創業。
1965(昭和40年) 7月 第1号店、篠ノ井駅前店オープン。
7月 「株式会社 洋服の青木」 設立。
1968(昭和43年) 6月 「株式会社 アオキ」に商号変更。
       hp:http://www.aoki-hd.co.jp/corporate/index4.html

AOKI HPより         
 
 1958年、高度成長期を迎え、活気づく時代に私たちが見たものは、スーツ1着の価格がサラリーマンの月給にも匹敵するという現実でした。

 “ビジネスマンが日替わりでスーツを着られる世の中にしたい”その想いが原点となり、この年、AOKIホールディングスは創業しました。以来、私たちは顧客ニーズを通して社会にお応えすることを念頭に「社会性の追求」「公益性の追求」「公共性の追求」の3つの経営理念を掲げ、企業活動を推進してまいりました。

                                   【この稿,続く

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/20-a1367664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 天文館の三越の撤退と入れ替わりに,紳士服量販業界2位のAOKIが,熊本に続いて鹿児島に進出する。「フタタ」の対応が注目される。  紳士服量販大手のAOKIホールディングス(青木拡憲社長 本社・東京 創業の地・長野県長野市)は,今年5、6月に出店した福...
2008/11/14(金) 01:19:27 | あきさせない,眠らせないぞ!!