FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>梅毒の患者 長崎県内で過去最多に


全国的に患者が増加している性感染症の「梅毒」の長崎県内の患者数が、ことしに入って今月9日までに25人と、統計を取り始めた平成11年以降で過去最多の年の年間の患者数をすでに上回り、県は感染の予防を呼びかけています。

「梅毒」は、感染すると皮膚や口に発疹などの症状が出て、治療せずに放置すると体のまひなどを引き起こすことがあるほか、妊娠中の女性が感染すると、子どもに難聴などの重い障害が出るおそれがある感染症です。

長崎県発表によると,ことしに入って県内の医療機関から報告された患者数は今月9日(2018年第36週)までに25人です。この数字は,統計を取り始めた平成11年以降最も多かった平成26年と27年の1年間の患者数である19人を上回り,過去最多となっています。

梅毒は都市部を中心に感染が拡大し、全国的に患者が増えているということで,長崎県は不特定多数の人との性的な接触を避け,感染の不安がある場合は医療機関で検査するよう呼びかけています。



 ⇒⇒長崎県 環境保健研究センター ⇒⇒ 梅毒の報告数が増加しています 2018年9月  13日更新  https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/kansen-c/topix-kansen-c/356853.html

梅毒の報告数が増加しています

梅毒は梅毒トレポネーマの感染によって生じる性感染症で、感染者との粘膜の接触を伴う性行為感染や妊婦の胎盤を通じて胎児に感染する(先天梅毒)経路があります。
 感染後3週間から6週間の潜伏期を経て、初期には感染部位の病変(初期硬結、リンパ節腫脹等)、続いて血行性に全身へ移行して皮膚病変(バラ疹や梅毒疹等)や発熱、倦怠感等の多彩な症状を呈するようになります。無治療の場合、感染から数年から数十年経過すると心血管梅毒、神経梅毒に進展します。症状が出ない無症候性梅毒の状態で、永年にわたり気がつかないまま過ごすケースもあります。先天梅毒では、乳幼児期に皮膚病変や全身性リンパ節腫脹等を呈する症例や学童期以後に実質性角膜炎、内耳性難聴、Hutchinson 歯などを呈する症例があります。
 2010年以降梅毒の報告数は全国的に増加傾向にあり、長崎県における2018年第36週現在の報告数は25名(患者21名、無症状病原体保有者4名)で、過去に報告数の多かった2014年、2015年の19名を上回って感染症発生動向調査を始めた1999年以降で最多となっています。
 梅毒は早期に診断がされれば治療は比較的容易とされていますが、診断の遅れから神経梅毒などを発症し後遺症が残ることも稀ではありません。早期に治療を始めることが重要ですので、感染が疑われる症状がみられた場合には、早期に医療機関を受診しましょう。また、感染を予防するには、コンドームを適切に使用することや感染のリスクとなる不特定多数の人との性的接触を避けることが重要です。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/1973-760cc460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック