FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 高齢化が進み,日本は年間130万人以上が亡くなる「多死社会」になった。

 厚生労働省の人口動態統計によると,日本の年間死者数は2003年に100万人を突破した。2016年には130万人を超え,このうち自宅で亡くなった人は13%である。
 多くの人が住み慣れた家での最期を望むが,かなえられていない。九州・山口・沖縄で,特に少ない傾向にある。そこで,「地域ごとに将来の人口構成や,今ある医療・介護の資源をふまえて,住民の希望をかなえられる体制づくりが求められる」ところである。

 なお,国立社会保障・人口問題研究所の推計では、全世帯に占める単身世帯の割合は15年の34・5%から,40年には39・3%に上昇し,「一人の自宅死」は今後,増えると予想されている。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/1963-81ab12dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック