FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
内閣府 地域経済動向  北海道や東海、景気「持ち直しの動き」 景況判断上向き

 内閣府は今月27日発表した11月の地域経済動向で、東海や北陸など5地域の景況判断を上方修正した。自動車の生産などが回復しているほか、エコポイントなどの効果で各地域で家電などの個人消費も増えている。雇用情勢も持ち直しているが、地域によっては失業率がなお高く、経済活動の水準自体は低迷している。

naikaku-toukei

 上方修正は、北海道、北関東、南関東、東海、北陸。北海道と北関東、東海は「持ち直しの動きがみられる」、南関東と北陸は「下げ止まっている」とされた。北関東、南関東と東海は自動車関連の生産が堅調。北陸は機械、北海道は電子部品などの生産が増えている。

 判断が据え置かれた他地域も「持ち直しの動き」や「下げ止まり」とされているが、沖縄だけが「悪化しつつある」のまま。新型インフルエンザなどの影響で観光客が減り、主力の観光業の低迷が続いている。内閣府の津村啓介政務官は会見で「緩やかな景気回復が全国に波及しているが、雇用は厳しく、弱い回復状況だ」と述べた。

 調査は主に7~9月の統計をもとに各地域の景況判断をまとめた。内閣府は各四半期のデータがまとまる2、5、8、11月に発表している




★楽天 バーゲン・セール★
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/166-c96fd20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック