FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 長崎大学核兵器廃絶研究センター客員教授のスティーブン・リーパーさん(66)が、核兵器廃絶の世界の動きをまとめ、日本の役割を提言した「2020年東京オリンピック 日本が世界を救う 核をなくすベストシナリオ」(燦葉=さんよう=出版社)を出版した。

 リーパーさんは米国イリノイ州出身。07〜13年、広島平和文化センター理事長を務めた。帰国した米国で、福島第1原発の事故による放射線の影響を日本より深刻に考えていることに気付き、執筆したという。

 本では、核兵器と原発の関係や、核拡散防止条約再検討会議の議論の経過などを分かりやすく解説している。リーパーさんは「日本が核廃絶に強く打って出れば、世界のヒーローになれる。20年のオリンピックは、核時代の終わりを祝う祭りになる」と訴える。

 四六判、156ページ。1296円(税込み)。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://misuzukaru.blog.fc2.com/tb.php/1401-ccb0bef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック