FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>>「高齢者定義75歳以上に」 長野・松本両市長が共同提言発表

 長野市の加藤久雄市長(75)と松本市の菅谷昭市長(74)は21日,現在は「65歳以上」の高齢者の定義について「75歳以上を『高齢者』と呼びましょう」と転換を求める共同提言を発表した。「65歳以上の市民にこれからも元気に活躍する意識を持ってもらう」趣旨だと説明。今後,連携して県や県内市町村に賛同を呼び掛ける。

 両市長は「長野県の平均寿命や高齢者就業率は全国トップレベルで,人生100年時代のモデルとなるべきだ」とした。長野市保健福祉部は65歳以上の求職者と企業をマッチングする事業を来年度予算に盛り込みたい考え。

 提言は理念的なもので社会保障政策などの変更はしないが,長野市は65歳以上の活用を企業などに促す施策を講じていくという。



スポンサーサイト