FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
大牟田市が「10年後10万人」目標の総合計画案


目指す都市像  
   人が育ち,人でにぎわい,人を大切にする ほっとシティ おおむた


 福岡県大牟田市 http://www.city.omuta.lg.jp/  は,2016年度から4年間のまちづくりの指針となる「市総合計画案」をまとめた。市の人口は減少が続き,今年8月で11万9822人。計画案では目標を10年後の25年で10万人とし,魅力ある街づくりに取り組むとしている。

 国立社会保障・人口問題研究所は2040年の人口を約7万9千人と推定する。市外転出が続けば約7万5千人と厳しい予測もある。人口減に加え、空き家・店舗の増加が想定されることも踏まえ、市は市街地などの都市基盤を活用し,多様な機能を拠点に集積したコンパクトな都市づくりを進めるとする。

 施策の方向性として,
・多様な子育て支援
・市内事業所への就業支援
・世界文化遺産に登録された三池炭鉱関連施設など郷土史の学習
・同施設を生かした観光推進−
 などを掲げている。

 大牟田市は,計画案を今月号の広報おおむたに掲載。月末まで市役所などでも閲覧でき,市民からの意見を募る。諮問した審議会から10月,答申を受ける。来年3月に計画を決める方針である。


⇒⇒ (仮称)第5次大牟田市総合計画策定に係る総合計画審議会 
     http://www.city.omuta.lg.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=6747



◆大牟田市 世帯数・人口 【平成27年8月1日 現在】
世帯数: 57,216世帯
男: 55,114人  女: 64,708人  合計: 119,822人

スポンサーサイト