FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 九州経済調査協会の試算によると,2040年の人口は2015年に比べて半減する。

九州経済調査協会(福岡市)は28日、九州全域を500メートル四方単位で区分した場合、人が住んでいる約5万5千カ所のうち約2割の地域では、2040年の人口が15年に比べて半減するとの予測を発表した。

 九州経済調査協会が,国立社会保障・人口問題研究所のデータなどを基に試算・予測したところによると,人口が半減する地域は大分県の南部や国東半島,鹿児島県,福岡市内や周辺部にも見られる。一方、40年に人口が維持・増加する地域は4・1%にとどまる。

 人口減と並行して高齢化も進む。2040年に65歳以上の人が半数以上いる地域は、北九州市内全域や大分市内などに広がると試算している。

スポンサーサイト