FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 沖縄県 http://www.pref.okinawa.jp/ は2014年度、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に伴う跡地利用を見据え、沖縄本島を縦貫する鉄道(全長約70キロ)の導入に向けて本格検討を始める。那覇市から名護市までを約1時間で結び、同飛行場跡には駅を造る構想だ。有識者らでつくる「整備計画策定委員会」(仮称)を設置し、2015年度に整備計画をまとめる予定である。

 沖縄県が検討している鉄道構想は、那覇、宜野湾、沖縄、名護の4市を結ぶルートを想定。通勤や観光客などの利便性向上、道路渋滞の緩和、経済波及効果を見こんでいる。那覇市などの市街地では国道58号などの地下を通す案を軸に検討。同飛行場を含む返還跡地では再開発と一体的に進めることで、利用者増を見込む。 

 ただし,鉄道の整備費は総額5千億~8千億円まで膨らむほか、沖縄県はマイカー利用者が多いため鉄道事業で採算がとれるかが課題である。

 沖縄では戦前、那覇と嘉手納などを結ぶ県営の軽便鉄道(同約48キロ)があったが、1945年の沖縄戦で破壊された。南北間の鉄道実現は,「沖縄振興のシンボル的な存在」という意味合いもある。

 なお,政府も2014年度内閣府予算で調査費を2億円計上している。



旅行ガイド【沖縄】 楽天トラベル提供
スポンサーサイト