FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 小海町は,長野県の東部,南佐久地域のほぼ中央に位置し,東は北相木村,西は八ヶ岳連峰を境に茅野市,南は南牧村・南相木村,北は佐久穂町(旧八千穂村)にそれぞれ接している。

 東西21キロ,南北16キロほどの小さな町の中央を南北に流れる千曲川に沿って帯状の平坦地が形成され,ここを国道141号,JR小海線が走り,町の主要な交通路となっている。

 白菜やレタスなど高原野菜の産地として知られるこの町の人口は,2010(平成22)年の国勢調査では65歳以上が1833人。15~64歳は2794人。0~14歳にいたっては553人である。,約5200人の人口の5人に2人が65歳以上の高齢者,1年間に生まれる子供は20~30人というこの数字から,専門家は「50年後の日本の人口構成に近い町」と指摘する。 。


 「30年前は家族連れでにぎやかだった」という商店街も,今は空き店舗が目立つ。日中も人通りはほとんどない。中心部には,デイサービスが受けられる介護支援施設などが6施設。その一つ,社会福祉センター「やすらぎ園」には,1人暮らしの高齢者が格安の家賃で暮らせる集合住宅が整備されている。

 認知症予防のため,定期的にお年寄りを集めて子供との交流会などを行うななど,高齢化に伴い,町は高齢者が生活しやすいよう整備が進んでいる。

 町の平成23年度予算の歳出35億9500万円のうち,社会保障費にあたる民生費と衛生費は全体の3割を占める計約10億5400万円。勤労世帯に投資して町を活性化したいが町財政には余力がないため,現実には高齢者の生活を守ることで精いっぱいだという。


★蕎麦やおやきなどの郷土料理等注目グルメが盛り沢山の長野の名産品を一挙公開!長野のお土産や名産品もチェック!★
スポンサーサイト



2013-06-narita01 

 成田国際空港では,2000年より実施の“成田空港がまるごと学べる夏休み特別企画「成田エアポート ワンデイ・サマースクール2013」”を開催します。

 この企画は航空・空港に興味を持つ全国の小学生(4・5・6年生)を対象として,成田国際空港を舞台に,国際空港ならではの様々な施設の裏側や航空機の整備場等の現場を訪れ,空港の役割や機能について体験学習する催しです。
 思い出づくりや,夏休みの自由研究などにぴったりな内容が満載です。


実施日時: 2013年8月20日(火)及び22日(木) 10:00~16:30
 ※各日同じ内容です。20日,22日のどちらか1日間のみの参加となります。
対  象: 小学4・5・6年生 ※保護者同伴可
募集人数: 60名(各日30名ずつ) ※応募者多数の場合は抽選となります。
募集期間: 2013年6月17日(月)17:00~7月9日(火)10:00まで
応募受付: 成田空港ホームページ上(http://www.narita-airport.jp)にて行います。


■ 成田エアポート ワンデイ・サマースクール
2000年より小学4・5・6年生を対象に,夏の思い出作りや成田空港への理解促進の為に開催。

・ ANA機体整備場
・ 成田エアポートレストハウス(機内食風の昼食)
・ ランプコントロールタワー(地上65mの高さから空港全体を一望)
・ A滑走路脇(航空機離着陸風景を間近で見学)
・ 空港消防施設(初公開)
・ CIQ施設(税関・入国管理・植物防疫)

東横イン成田空港成田ビューホテル成田東武ホテルエアポートANAクラウンプラザホテル成田
☆空港近くの広いお部屋でゆっくり休んでスッキリ出発!☆朝食無料! 成田空港まで無料バス早朝4:40より運行(所要時間20~30分)★駐車場15日間無料★天然温泉空港第2ターミナルまで、無料送迎バスで約5分・徒歩約15分の好立地◆全室ダブルベッド対応の広々ルーム 京成成田駅・成田空港ホテル間、無料シャトルバス運行中
3125円~2900円~3000円~5000円~