FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

   報道によると「ツタヤが書籍販売で最大手紀伊國屋を抜き,首位に立った」という そこで,八千代市書店定点観測(ストアコンパリゾン)は,未来屋,八重洲ブックセンターに加え, WonderGOO TSUTAYA 八千代大和田新田店の3店で行う。なお,WonderGOO TSUTAYA 八千代大和田新田店は,文庫本コーナーのエンド陳列をウォッチングする。

ツタヤ,書籍販売で首位 最大手紀伊國屋を抜く 
 「TSUTAYA」(ツタヤ)の書籍販売部門の2012年の売上高が過去最高の1097億円になり,業界最大手の紀伊國屋書店を抜いて首位に立った。
 ツタヤを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)によると,12年の書店部門の売上高は前年比7.1%増だった。全国約1500店のDVDレンタル店に併設する形で増やした書店が約700店あり,売り上げは08年から3割強伸びている。
 会員カード「Tカード」の購買履歴を分析し,売れ筋の書籍や雑誌にしぼった品ぞろえにしていることが効果を上げたとみられる。

┏┓
┗■ 
WonderGOO TSUTAYA 八千代大和田新田店 6/5調査 文庫本エンド陳列
       ・東野圭吾と湊かなえの二人の作家に絞り込み

 東野圭吾と湊かなえの二人の作家に絞り込んで陳列しています。特に東野圭吾の著作は39冊と重点化を図っています。

TUTATYA(6/7)文庫本
◆東野圭吾  39冊
悪意
赤い指
嘘をもうひとつだけ
忙しい人びと
あの頃の誰か
カッコウの卵は誰のもの
ガリレオの苦悩
幻夜
学生街の殺人
告白
怪笑小説
加賀の挑戦
聖女の救済
さまよう刀
宿命
殺人現場は雲の上
11文字の殺人
時生
探偵ガリレオ
虹を操る少年
ねむりの森
変身
白馬山荘殺人事件
プラチナデータ
白夜行
秘密
分身
犯人のいない夜
ブルータスの心臓
真夏の方程式 
名探偵の呪縛
魔球
容疑者Xno献身
予知夢
夜明けの街で
夢はトリノをかけめぐる
歪笑小説
私が彼を殺した
◆湊かなえ  4冊
告白
少女
贖罪
夜行観覧車



スポンサーサイト



コンビニ業界 5万店時代に問われる質と量の総合力


 コンビニ業界は業界内は「飽和」と言われた全国5万店時代に突入。各社の出店が加速、軒並み最多出店となった。首位のセブンイレブンは業界最多の
1354店を出店。これにローソン938店、ファミリーマート900店が続いた。
 今後,
この流れがさらに加速。特にセブンイレブン、ファミリーマートの両社は1500店舗の新規出店を計画するなど、多くのチェーンが前期以上の出店を見込んでいる。

 当然、競争は焼烈さを増す一方である。厳しい競争環境の首都圏はさらに激化しており、チェーン間でのブランドスイッチも活発化している。さらに「他社に出られるくらいなら自社が出る」と、もはや陣取り合戦となっており、消耗戦の様相を呈している。

-------<セブン鈴木会長「コンビニ、全然飽和していない」>------------------
 「コンビニはここ数年ずっと飽和していると言われてきたが、私からみれば全然飽和していない。同質のもので埋め尽くされた状態が飽和だ。
 今は革新で質の違いを生み出せることができる。セブン―イレブン・ジャパンの日販(1日当たり1店舗の売上高)は他社と10万円以上の差を付けており、同質化していない。時間がかかるとしても壁は必ず破れる。『飽和』という言葉を安易に使うこと自体がおかしい」。


セブン-イレブンのない県 <青森県,愛媛県,高知県,鳥取県,沖縄県> 

 ローソンやファミリーマートはすでに全都道府県に進出を果たしているが,セブン-イレブンは,青森県,愛媛県,徳島県,高知県,鳥取県,沖縄県の5県には出店したいない。
 セブン-イレブン http://www.sej.co.jp/shop/index.htm は,出店に当たり限定エリアに集中して出店する「ドミナント戦略」をとっている。

2013-0609-711 

┏┓
┗■
  ドミナント方式(高密度多店舗出店)  
 
コンビニエンスストアをフランチャイズチェーンで展開するにあたり,創業時より効率性・安定性から高密度多店舗出店を基本戦略として,出店を続けています。 それは,店舗ごとに商圏を隣接させながら店舗網を広げ,そこから知名度をアップし,鮮度のよい商品供給を行うというやり方です。
私たちはこの高密度多店舗出店について,次のような効果をもたらすと考えています。

     出典:セブン-イレブンHP http://www.sej.co.jp/company/aboutsej/branch.html


激流 2013年 07月号 [雑誌]激流 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/06/01)
不明

商品詳細を見る

 

 特集セブンイレブン・ジャパン 「あってよかった」 お客の支持獲得の40年売り場面積40坪から始まった買い手市場の流通革命商品戦略・価値も価格もあてにされる商品開発がフル稼働女性の活用・自分満足にこだわり遠慮はしないFC1号店・本部と二人三脚で歩んだ顧客満足追求の道程(山本憲司オーナー) 宅配・御用聞きビジネスで見えてきた地域の  潜在ニーズ四国進出...


激流 2013年 06月号 [雑誌]激流 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/01)
不明

商品詳細を見る