FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える




人口流動の地方再生学』の主張

  著者によれば,今の地方の疲弊は,戦後はじまった集団就職列車により若者を大量に地方から都市へ送り込んだことに起点がある。すなわち多くの若者が都市に向かったために,地方では子供の数が急減し,高齢化と人口減少に向かっていった。それは,この国では戦後の復興を目指し,海外からライセンス生産として設備,技術,マニュアルをそっくりそのまま直輸入したが,これによる画一化,規格化をすすめ,大量生産体制を作ったことにその遠因があるというのである。

 これによって生じた過疎化の問題を,今度は地方への産業導入により解決しようとしたが,そこには地方の視点がなかったためにことごとく失敗したという。

 最近言われているコンパクトシティも,分散しているコミュニティーを中央に集めて効率的な都市を目指すという観点に立てば,地方に中心を作る考えに変わりはなく,必ずしもうまくいかないと断言している。

 以上の分析から,地方再生は農業の再生から始めるべきだと主張する。 その上で,表題にもある人口流動化がキーワードとなるとしている。


<内容紹介>  ---あとがき

 戦後日本の経済社会を一言でいい表すとしたら,それは「画一性」ではないか。地方や集落の問題に取り組んでいて,思い至ったことである。まず政治行政が画一的だった。地方交付税と国庫補助金のもとで,どこの地方でも同じような公共政策が推進された。地方経済の発展方式も画一的だった。いうまでもなく,全国総合開発計画によってである。

 企業経営も画一的だった。ほとんどの企業が,輸入技術と大量生産による薄利多売に走った。だから製品も,その素材すらも画一的だった。そのうえ雇用制度も画一的だった。軍事政権が「国民一丸」 の実現のためにつくり上げた終身雇用・年功賃金制の全面継承である。そのなかで人々のライフスタイルも画一的なものとなり,それが画一的な消費需要となって,薄利多売を主軸とする日本的経営を支えるという順転が長期にわたって機能した。

 見方によっては,戦時体制を凌ぐほどの画一性であるが,そうした画一性が長期にわたって持続するためには,人々の価値観もまた画一的である必要がある。そして確かに戦後日本人の価値観は画一的だった。総力戦とその後の敗戦のもとで価値観の共有化が進み,高度経済成長下の一億総サラリーマン化と持続的な所得水準の上昇がそれを加速したものと思われる。ではその価値観はどこで成立したか。戦後の復興は極めて中央集権的に進められた。経済発展も大都市で特異的に進行した。だから,国や大都市で成立した価値観である。そう考えると,なぜ日本では,地方や集落が衰退したのかがみえてくる。地方や集落は,地理的にも政治経済的にも,そして文化的にも,国や大都市の対極に位置する存在だからである。

 そして人々の動きも画一的だった。遠方への移動は,転勤等を別にすれば,つまり自発的な移動ということになると,進学・就職期の局集中的な移動がほとんどの人にとってはすべてで,その後は住居と会社という自分のエリアの外に動くことは少なく,ただし盆暮れ,連休の時期にだけ,それこそ一斉に動く。そうした画一性にも終身雇用・年功賃金制が大きく関係している。転職は年功を失うことを意味し,有給休暇をとらず残業を厭わないのが昇進の必要条件の一つなのだから,画一性の外の行動は事実上困難だったともいえるのである。

 そしてそうした画一性こそがオリエンタル・ミラクルの原動力でもあった。一億人もの人間が画一的な行動をとったからこそ,ミラクルが実現したのである。しかしそれは同時に日本経済の性格をも決定付けた。企業経営が,そして労働者・消費者の行動も画一的となれば,経済は単線的な性格のものとならざるをえない。単線的な経済は,環境が単線的であれば功を奏する。   

 しかし前世紀末には世界経済は多極化し,アメリカ,ヨーロッパ,新興国,途上国がそれぞれの地歩を固めるべく,入り乱れて競争する時代に突入した。そのなかで需要も供給も急速に多様化する。もはや日本ほどの大きな経済が,薄利多売一辺倒で功を奏するような単線的な世界経済ではなくなったということである。近年の日本経済の低迷は景気循環的なものではない。時代が変わり,これまでの日本モデルが通用しなくなったものとみるべきなのである。

 そろそろ日本人は考え直すべきだろう。社会・経済において進行中の問題の多くが画一性に起因するものであるのなら,目指すは多様化である。ただしその場合は,人々の価値観も多様化せねばならない。そしておそらくは,その多様性とは多様な人々によって形成されるのではなく,人々が多様な価値観を持つことによって,つまるところは複数の行動様式,複数の「居場所」を持つことによってこそ形成されるのではないか。人々が,いわば単線的な人生ではなく,複線的な人生を送ろうと考えれば,当然,様々な価値観に対して寛容になる。本当の意味で価値観が多様化するのは,そのときではないのか。そして本書にいう人口流動もそのときに始まるのだろう。

 そんなことを考えながら,執筆と編集を進めた。そしてそれぞれの地方が置かれた環境も多様である。当然,目指すべき方向も多様であるべきだろう。だからこれからもわれわれ研究グループは,多くの地方都市を,集落を訪ねる必要がある。筆を置く今の,われわれの偽らざる心境である。



人口流動の地方再生学人口流動の地方再生学
(2009/06/16)
松谷 明彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト