FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 千葉県は,首都圏の東側に位置する。県域の大半を占める房総半島は,太平洋に突き出した半島である。海岸線の長さは,534.3キロメートル(平成21年3月31日現在)に及び,変化に富んだ景観を見せている。

  千葉県の総面積は,全国第28位の5,156.58平方キロメートルと,東京都と神奈川県を合わせたよりも広い。 人口は,全国で6 番目の 6,217,119人  世帯数 2,515,220世帯 である。。(平成22年10月1日現在国勢調査速報)



 地勢は,房総丘陵と比較的平坦な下総台地,利根川流域と九十九里沿岸に平野が広がっている。海岸線の長さは,528.9Km(2002年3月現在)で,変化に富んだ景観を見せている。 三方を海に囲まれた千葉県は,冬暖かく夏涼しい海洋性の温暖な気候である。特に南房総沿岸は,沖合いを流れる暖流(黒潮)の影響を受け,冬でもほとんど霜が降りない。降水量は,夏季に多く,冬季は少ない。

 千葉県は,安房国(あわのくに),上総国(かずさのくに),下総国(しもうさのくに)の三国からなっていた。江戸時代は,小藩と天領とに細分されていた。そのなかで一番大きかたのが佐倉藩で8万石であった。1871(明治四年)の廃藩置県により,房総は舘山県,佐賀県など24件,佐倉県など24の県となった。その後,上総・安房の地域が木更津県となり,下総地域は印旛県となった。1873(明治六)年,木更津・印旛の両県を合わせて千葉県となった。


 「古語拾遺(こごしゅうい)」によると,天富命(あめのとみのみこと)は阿波斎(あわのいん)(忌)部(べ)を率い東国に 赴き,麻を栽培させている。 このとき良質の麻が成長したところを総(ふさ:麻の古語)の国といい,阿波斎部が住んだところを安房と名づけたといわれている。総の国は都に近い方が上 総,遠い方が下総と呼ばれました。安房国の「房」と上総国,下総国の「総」を組み合わせて「房総」と呼ばれている。


 鎌倉に幕府が開かれるころ,房総では千葉氏が強い勢力を持った。戦国時代の安房では,里見氏が大きな力を持 った。徳川家康が江戸に幕府を開くと,房総はそのおひざ元として重視され,直接の支配地か身近な家来の領地となった。そのころの藩はみんな小さ く,佐倉藩が一番大きな藩である。


 明治4年(1871)の廃藩置県により,房総には館山県,佐倉県など24の県が生まれた。その後,上総・安房の地域は木更津県となり,下総の地域は印旛県となった。明治6年(1873) 6月15日に,木更津・印旛の両県を合わせて千葉県が誕生した。



amazon千葉グルメ
スポンサーサイト



2013-0514-sakura01
          photo:KTSテレビニュース


 桜島の昭和火口で14日、午後10時6分、今年320回目の爆発があり、鹿児島地方気象台では、昭和火口が活動を再開して以来、最大の空振を観測しました。
 この昭和火口の爆発で鹿児島市東郡元町の鹿児島地方気象台にある空振計が77.2パスカルと、2006年に昭和火口が活動を再開してから最も大きな空振を観測しました。
 やや多量の噴煙が火口からおよそ2800m上空まで上がり、大きな噴石が3合目付近まで飛びました。

 京都大学火山活動研究センターの井口正人教授は、桜島の今の状況について、「風下の方が空振は大きい」「昭和火口の活動で言えば、2009年以降活発になっている火山活動は依然として継続していると」との見解を示しています。

091127-sakura01

*空振は、火山噴火などにより発生した空気の急激な圧力. 変化が、大気中を周囲に伝わる現象です。