FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


北海道新幹線の開業まで3年を切った。4月には、当面の始発駅となる新函館駅(仮称)と函館駅を結ぶ在来線の電化工事起工式が行われ,着々と環境整備が進められている。その一方で新駅の正式名称はいまだ決まっていない。

 函館市に隣接する七飯(ななえ)町のJR七飯駅近くで4月20日、JR北海道が主催して「函館線五稜郭(ごりょうかく)・渡島(おしま)大野間電化工事起工式」が開かれた。

 渡島大野駅は,2015(平成27)年度末に北海道新幹線が開業すると、その終着となる新函館駅(仮称)となる。五稜郭駅までの14.5キロを電化させることで、函館駅から新駅までアクセス電車を運行して新幹線利用客の利便性を図る。駅名を函館市が「新函館」を主張しているのに対し、北斗市では市議会で「北斗函館」にすべきだと決議。市役所に懸けられた垂れ幕にも、駅名は書かずに「北斗市開業」となっている。

観光の強化について、周辺自治体ではどのように取り組んでいるのか。新駅となる渡島大野駅を抱える北斗市では駅前にホテルを建設する計画だが、まだ事業主体も決まっていない。高架の線路工事は順調に進められているが、駅前は観光バス用の駐車場が整備された程度で、のどかな田園風景が広がっている。

 駅前の目玉施設ともくろむホテルについては、1階にみやげ物店や飲食店などが入る約100室の施設をイメージしている。市が20%を助成することで誘致を図っているが、いまだ決定には至っていない。

 車両基地も建設工事が進行中である。七飯町にまたがる約36ヘクタールの広大な敷地の中に、着発収容庫、検査庫などが敷設される。全体の約4分の3を占める七飯町でも、期待しているのは観光面での効果だ。同町内には大沼公園や城岱(しろたい)牧場などの人気観光地もあり、新駅での観光案内のあり方など、北斗市などと連携して進めていきたいとしている。


鉄道で旅する北海道 SEASON SELECTION 1 (MG BOOKS)鉄道で旅する北海道 SEASON SELECTION 1 (MG BOOKS)
(2013/04/11)
不明

商品詳細を見る



スポンサーサイト