FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 長野県内の馬肉加工業者「大成」が、加熱用の肉を生食用と偽って出荷していたことがわかり、3月11日夜、県は業者に食用として販売した馬肉230キロあまりの回収を命じた。表示を偽っていたのは、長野・飯島町の馬肉加工会社「大成」は, 年間約500トンの馬肉を出荷し、国内で約5割のシェアを持つ最大手で,福島営業所や熊本営業所がある。
 今回、偽装した肉は、馬刺し用などとして全国に出荷されたとみられる。 大成によると、馬刺し用が足りず、加熱用を代用した。偽装は同社専務が指示していた。

大成の経営理念(同社HPより http://www.sakura-kobo.co.jp/corp/

『最大の企業たらんより 最良の企業たれ』
  最良の企業とは
法令を遵守しバランスをはかりながら、永続的に発展し、 お客様に安心・安全な製品を提供し続ける企業であること。


長野県の伊那地方は、馬刺しなどが伝統食として親しまれ、「大成」のある地元・飯島町は「馬肉料理を名物に」と、取り組んでいただけに、困惑が広がっている。

 馬肉を生で食べる習慣は,熊本県や長野県,山梨県,岡山県,東北地方(福島県会津若松市など)にあるが,熊本県が馬刺しの本場として知られています。

 日本で流通している大半の馬肉は北米産,欧州産,あるいは生体を輸入しての国内肥育もので占められています。純国産はわずかです。熊本では主に阿蘇で飼育されています。



 熊本で馬肉を食べるようになったのは,400年前,朝鮮出兵で大陸に渡った加藤清正軍が,補給線を断たれ食料が底をつきやむなく軍馬を食したのに始まり,帰国後,清正が領地である肥後熊本に広めたとの説があります。



 馬肉(馬刺し)は別名「桜肉(さくら肉)」とも呼ばれます。その由来には諸説あります。その一つは馬肉は他の動物の肉と比べると鉄分が多く含まれていることから,肉をカットして空気に触れると,その鉄分が空気と反応して赤色になり,霜降りの脂が細かく交わってピンク色(桜色)になることによるという説や,桜の咲く頃が一番おいしいからという旬の説。肉食が禁止されていた江戸時代,隠語を使っい猪を牡丹,鹿を紅葉,馬を桜とした,という隠語説があります。
 馬肉(馬刺し)は低カロリー高タンパク食品でもあります。鉄分やグリコーゲンが多く含まれているので貧血や肝臓の機能の増強にも効果的です。必須アミノ酸を(リノール酸とリノレン酸)非常に効率よく含みコレステロールを下げ,血液循環よくし,成人病予防にも有効ということです。

★「まち楽熊本- 馬肉」★







●●衛生検査合格証明書付●●霜降が楽しめる馬刺しセット★1パック約100g毎の小分けで便利!ギ...




馬刺し専門店の馬肉馬肉バラスライス200gお試し価格【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_のし】【RCP...



スポンサーサイト