FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
2012-12-bc

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)が発表した平成24年9月期(23年10月-24年9月)決算によると,入場者数が増加,客単価も上昇し、売上高は前期比15%増の152億円であった。営業利益は同2・3倍の24億円で,平成4年の開業以来,初めて黒字化した前期に続き,2期連続の営業黒字となった。

 佐世保市からの再生支援交付金(8億円)なども含めた最終利益は、同2・2倍の42億円だった。

 「東洋一の規模」をうたったイルミネーション「光の王国」や、「ガーデニングワールドカップ」、人気漫画ワンピースに登場する海賊船のクルーズなどの大型イベントが人気を集め、入場者数は当初予想を上回る191万人(前期比6・6%増)を記録した。

 HTBは、来期,25年9月期の入場者を215万人と予想。売上高174億円、営業利益35億円,最終利益40億円を見込んでいる。

⇒⇒プレスリリース  ハウステンボス株式会社 第23期(平成24年9月期)単独決算について






九州の温泉・お風呂マップ(お客さまランキング付き)
スポンサーサイト