FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



◆鹿児島県の11年出生率1.64 2年連続増、赤ちゃん120人増

 2011年鹿児島県は女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が、1.64(前年比0.02ポイント増)となり、2年連続で増加した。

 厚生労働省の人口動態統計(概数)によると、同年の全国の出生率は横ばいで1.39。鹿児島の出生率は都道府県別で沖縄1.86、宮崎1.68に次いで3番目に高い。
 11年の赤ちゃん出生数も全国で2万人以上減った中、鹿児島県では前年比120人増の1万5244人で2年連続の増となった。

 鹿児島県青少年男女共同参画課は、「全国で第2次ベビーブーム世代(36~39歳)の出産が頭打ちになっているが、県内ではまだ増加傾向にあるのではないか」と分析している。
 鹿児島県内出生数は1965年の2万9243人から45年ほどで半分に減少した。出生率は2004年の1.46が最低で、05年以降は増加傾向が続いている。 
 
◆鹿児島県で100歳超が最多の1118人に

 鹿児島県発表の「鹿児島県の百歳以上長寿者について」によると,県内の100歳以上の長寿者数は9月15日時点で前年同期比107人増の1118人(男性119人,女性999人)となり,統計を取り始めた1963年以降,最多となった。
 人口10万人当たりの100歳以上は65・80人。市町村別では,鹿児島市が275人で最も多く,霧島市の83人,薩摩川内市の57人,鹿屋市の56人が続いた。
 人口10万人当たりの100歳以上の人数は,65.80人で全国第4位。

2012-0915-kourei


都道府県別では高知(78・50人),島根(77・81人),山口(67・27人),鹿児島県(65.80)の順で,09年まで37年連続トップだった沖縄は62・88人で5位。一方,最少は埼玉(23・09人)で,次いで愛知(25・49人),千葉(28・23人)。

▼出典
・厚生労働省「百歳高齢者に対する祝状及び記念品の贈呈について」
       http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ju6v.html
・鹿児島県「鹿児島県の百歳以上長寿者について」
       http://www.pref.kagoshima.jp/ab13/kenko-fukushi/koreisya/koreika/rouzinnnohi.htm



産能マネジメントスクール -新エリアマーケティング実践セミナー 

               小商圏市場戦略を考える -



1.営業拠点単位でのエリア分析と,それに基づくエリアマーケティング戦略を立てる

2.現在のエリア営業戦略の適合性,妥当性を検証

3.顧客満足度を高めると共に,新規顧客開拓策を練る  
      





第56回 2012年 11月15日~16日
第57回 2013年 6月 日~ 日
参加費:70,350円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)


     セブンネットの本



スポンサーサイト



 栃木、茨城、群馬、埼玉の4県にまたがる渡良瀬遊水地が,6月3日ラムサール条約に新たに登録された。遊水地がラムサール条約の候補地となったのは、2年前の平成22年9月であった。

 遊水地にかかる市町は「遊水地の魅力を生かして地域活性化や観光振興に取り組みたい」と歓迎ムードである。その一方で遊水地の7割を占める栃木市は,反対意見が根強かったこともあって,手放しで喜べない複雑な状況にある。渡良瀬遊水地はもともとダム機能を果たすために人工的に作られたものであることから、「治水機能が阻害される」との懸念が聞かれる。

ラムサール条約とは
1971年にイランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」において「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」が採択された。この条約は開催地にちなみ、一般に「ラムサール条約」と呼ばれている。
 これまで、日本国内には37カ所が登録されている。