FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 愛媛県の今治は,タオルが地場産業となっています。温暖な気候と水に恵まれて発展した百十余年の歴史と伝統を受け継ぎながら,日々技術開発に努め先進的な商品づくりに挑戦し,JAPANブランドとして世界を視野に新たな発展をめざしています。

 同県の四国中央市では,「お札と切手以外は何でも揃う」といわれるほど,江戸時代より手漉き和紙の地場産業集積地として長い歴史を有し,現在でも多様な紙産業が集積しています。近年,ダム建設による工業用水の確保や,港湾整備が行なわれ大王製紙,丸住製紙,愛媛製紙,ユニ・チャームといった有力企業が操業し,今日では紙・パルプ紙加工品などの製造品出荷額は約4,800億円と日本一の紙のまち成長しました。2011年年3月には多目的国際ターミナルが供用を開始し,港湾機能のより一層の充実が図られています。

 石川県での伝統工芸が隆盛した起源は江戸初期にあります。外様ながら百万石の雄藩であった加賀前田藩は江戸幕府に謀反の意志のないことを示すため,惜しみなく工芸に藩の財源を注ぎました。以来,400年にわたり,この地方で工芸は潰えることなく,いまに続いて来ました。 金沢の伝統工芸に連関して産業が生まれました。手仕事の技から繊維を織る産業ができ,そこから工作機械が生まれました。そして産業がまた文化を支える。そうやって街が栄えてきたのです。森の工房では,春,夏,秋,冬と,四季折々の自然を楽しむことができます。

 小豆島に醤油造りが始まって400年。いまも「マルキン忠勇」「ヤマロク醤油」など19軒の醤油醸造所があり,その歴史は続いています。この地では,もともと良質な塩が作られていたことに加えて,海上交通の発達が大豆や小麦の運搬を容易にしました。さらに酵母の発達と熟成に適した温暖な瀬戸内気候も手伝い,小豆島は醤油の一大産地となりました。時間のかかる熟成をじっくりと待てる心のゆとりという,島の人たちの大らかな気質が小豆島の醤油をおいしくしています。

 醤油の小豆島で佃煮産業が盛んなのは当然のようですが,その始まりが戦後と意外です。第二次大戦の敗戦後の食糧難時代に,身近にあった醤油でサツマイモのツルを炊いたことに始まります。いまでは醤の郷を醤油ゾーンと佃煮ゾーンに分けるほどの地場産業になっています。

 岡山県は,南は昔より水運に恵まれた瀬戸内海に臨んで四国に,北は山陰地方と接し,中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあるという地理的条件。そして,古代から,大和地方と並んで古代吉備の文化発祥の地として栄え,現在に至るという風土やなど地域に根ざした学生服,ジーンズ,ワーキングウェアなどの繊維産業,製鉄関連の耐火物や石灰産業,県中北部は木材産業などの企業が生まれています。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー

県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-2


県民性・地域性-1





スポンサーサイト





 街づくり・店づくりの総合展示会「街づくり・流通ルネサンス2012」が、3月6日(火)~から9日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催される。

 この展示会は,「建築・建材展」、「JAPAN SHOP」、「LED Next Stage」など、7つの展示会で構成される。入場料は一般1500円(全展共通、税込み)。3月5日までにウェブサイトから事前登録すれば無料となる。

■「建築・建材展2012」(第18回) 東5・6ホール  
     
http://h.nikkeibp.co.jp/h.jsp?no=021401 

 安全で快適な住環境、商環境づくりに求められる住宅・店舗・ビル用建材や設備機器 などを紹介する、国内有数の建材総合展。今回は、震災を経て大きな課題となった、耐震と省エネ・創エネ関連の出展を集めたゾーンを新設し、20社が屋根一体型ソーラ ーシステムや制震ダンパーシステム、遮熱・断熱フィルム、外断熱工法などを展示・ 紹介する。会期中には、住宅の省エネ化や木質建築などをテーマとした各種セミナーも実施される。

■「JAPAN SHOP 2012」(第41回店舗総合見本市) 東4・5ホール
                    http://h.nikkeibp.co.jp/h.jsp?no=021402
消費者を引きつける魅力的な店づくりと、安全・安心で暮らしやすい街づくりのための最新情報を発信する、国内最大級の店舗総合見本市。商空間デザイン・ディスプ レー、店舗什器・設備、サイン・看板、店頭SP・POPツール、グラフィックス製作機
器などが一堂に会し、新素材・技術を活用した店舗空間の演出や、売り場の活性化を促進するためのツール・ソリューションなど、多彩な提案が行われる。


◇〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 ㈱東京ビッグサイト TEL:03-5530-1111 ( 代表 )




ビジュアル流通の基本
は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。