FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 JR旅客6社が発表の7月28日現在のお盆期間(8月11~18日)の新幹線と在来線の指定席の予約状況によると,予約数は昨年より2%増の219万席。特に,九州新幹線の予約が好調で、2年連続で昨年を上回った。混雑のピークは下りが12日、上りが16日の見通し。

 東日本大震災の影響を受けたJR東日本の予約数は前年比6%減の78万席。秋田新幹線が10%減、東北新幹線と山形新幹線も各5%減と低調だった。下りの予約数は前年の97%と上りを6ポイント上回った。



◆山陽地方への出張で新幹線の利用が大幅に増加
 鹿児島銀行グループの鹿児島地域経済研究所(鹿児島市)が県内企業を対象に実施した九州新幹線全線開業に関するアンケート調査によると、山陽地方への出張で新幹線の利用が大幅に増加、8割を占めるようになったことが分かった。

 岡山県への出張での新幹線利用は全線開業前の29%から80%に急増。広島県へは32%から81%に、山口県へでも46%から80%に増加した。

 近畿地方への新幹線利用では、大阪府へは3%から22%に、兵庫県へで5%から27%に伸びた。九州域内でも福岡県へで57%から77%に上昇した。

 一方、全線開業の経営への影響では、ホテル・旅館や食品業で「プラス」と答えた企業が多かったものの、全体では「影響なし」との回答が75%を占めた。同研究所は「東日本大震災の影響がプラス効果を弱めているようだ」と分析している。

 調査は鹿児島県内の505社を対象に6月下旬に実施。321社が回答した。


[九州新幹線効果に関する話題-3題]の続きを読む
スポンサーサイト



イオン北海道,中型SCに軸足 出店戦略,大型路線見直し

 イオン北海道は出店戦略を見直す。従来の大型ショッピングセンター(SC)路線を改め,早ければ2012年2月期にも中型店の出店に乗り出す。「改正まちづくり3法」の完全施行で,郊外で店舗面積1万平方メートル超の大型店が出店しにくくなったため,売り場面積5000平方メートル程度の中型店の多店舗化を進めて道内需要を開拓する。

 郊外の大型出店規制に個人消費の低迷が重なり,各社は新規の大型投資に及び腰。特に景気回復が鈍い道内で,イオン北海道は出店戦略の練り直しを迫られた。


***::::::******::::::::::::::*************

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2011/ 11/10~11産能マネジメントスクール

 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    
http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

        ★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆

 『 「身の丈」を強みとする経営』(日 本経済新聞出版社刊)。本書は,性急な業容拡大は弊害が多いとして,堅実な発展を目指して,自らの分を知り,ライバルの動きに惑わされることなく,マイ ペースを貫きながら存在感を発揮するという経営姿勢を貫く経営姿勢を「身の丈経営」とし,縮小の時代の経営のあり方を考察しています。