FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
長野県内の上場メーカーも世界的な金融危機に始まる景気減速の影響を受け,業績が急激に悪化。設備投資を凍結したり、先送りしたりする動きが相次いでいる。

 双信電機(佐久市)は12億円の設備投資を計画したが、経営環境の悪化を受け、従来予想を40・8%下回る7億1000万円に下方修正。

 アピックヤマダ(千曲市)は、今期中に計画していた社内システムのソフトウエア更新を凍結。設備投資計画を12億円から58・3%減の5億円に引き下げた。

 ミネベア(北佐久郡御代田町)は従来予想の290億円から245億円(15・5%減)。新光電気工業(長野市)は252億円から214億円(15・1%減)に下方修正。長野計器(上田市)も11・8%減の15億円に、2月期決算の竹内製作所(埴科郡坂城町)も26・2%減の21億円に見直した。


KOA(伊那市)は,工場建設を先送りする。新築移転を予定していた工場の着工を延期。
スポンサーサイト