FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 栃木県は関東地方の東北部に位置する海なしの内陸県である。1868(明治元年)年の廃藩置県で,真岡代官領地8万石を受け継ぎ「真岡県」としてスタートした。東は茨城県,西は群馬県,南は茨城,埼玉,群馬の3県,北は福島県に接する。面積は6,408k㎡(平成14年4月現在)で全国第20位。09年10月現在の人口2,009,70人,世帯数742,304世帯。
  
 平安時代、下毛野(しもつけぬ)国と那須国があった。7世紀後半、統一されて下野国となり、現在の栃木県の原型が作られました。徳川家康が江戸に幕府を開くようになると、天領や旗本領に細分化された大名や旗本が支配しました。

  南の平野部を除けば大部分が山地で,内陸特有の寒暑の差が著しいという寒暖の激しい気候は,中国北部と似ている。北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園に指定されており,日光,鬼怒川,川治,栗山,塩原,那須などの,温泉,高原,名所・旧跡,ゴルフ場など観光資源を豊富に持つ有数の観光県でもある。


 かつては下野の国とよばれた栃木。世界遺産に指定された日光の社寺,国宝である日光東照宮など,歴史を肌で感じることができる観光スポットをはじめ,全国的に有名な宇都宮の餃子,佐野ラーメンなどのご当地グルメ,雄大な自然が溢れる那須高原や東京の奥座敷と呼ばれる鬼怒川温泉など魅力あふれるエリアが満載の栃木県です。


◆トピックス 那須の中高一貫校「無念」在校生卒業後 廃校へ

 東京電力福島第一原発事故の影響で、那須の中高一貫全寮制の中高一貫男子校「那須高原海城中学・高校」は,校舎の周辺は放射線量が高く,生徒を集めるのが難しとし廃校を決めた。現在、東電への損害賠償請求の手続きに入っている。

 11月下旬、正門前の公道でNPOに放射線量を計測してもらったところ、地上一メートルで重点調査の基準値の毎時0.23マイクロシーベルトを上回る0.5マイクロシーベルト台。地表の芝生上では0.7~0.8マイクロシーベルトになった。


⇒⇒関連HP⇒ なるほどとちぎIndex
⇒⇒関連HP⇒ 風土記 栃木の県民性


 小林 隆一
産能マネジメントスクール 公開セミナー
   ・>> 新エリアマーケティング実践 

    ・2013/ 9/10~11

    ・2013/12/11~12

  
 
>>> 業務マニュアル作成 

    ・2013/ 1/15~16

    ・2013/ 8/26~27

   




佐賀県には,鍋島藩時代の影響から,独自の倫理観がいまも残る。樋口清之氏は著書『出身県別日本人の行動と性格パターン』で,「鍋島藩の論語といわれる『葉隠』で知られているため,武骨一点張りのように誤解されているが,全体としては社会性に優れ,政治家としても,商人としても成功する素地をもっていると思う。それは特に責任感が強い『根性もん』が多いからである」と分析している。
 厳密には,鍋島藩の領地であった南部の佐賀地域に比べ,小笠原藩が治めていた北部の唐津は,博多の影響を受け,「陽気で豪快」と,ややは南部とは肌合いを異にする。

 佐賀は,“先駆的”な県である。日本の稲作は佐賀を起源とする。さらに日本の陶磁器の発祥の地でもある。
鍋島氏は徳川250年の歴史を通じて転封,改易もなく,一貫して肥前の領主であった。地方に興った武将で,徳川初期から幕末まで同じ国を支配し得たものは九州では鹿児島の島津氏と佐賀の鍋島氏だけである。保守的ともいわれる佐賀人の気質は,この長い鍋島藩政によるものではなかろうか。
徳川の参勤交代時代のことであろう,信州路の宿場に,次のような戯れ歌が残っていたという。
 「人の悪いのは鍋島,薩摩 日暮れ六ツ泊りの七ツ立ち」

 午後6時に泊まり,翌朝午前4時の早出発,鍋島藩のミミッチさを歌ったものである。 (出典:長野県観光連盟編 信州歴史の旅 令文社刊)

 「佐賀人が通ったあとには草も生えない」とは,貧乏性でムダ遣いを嫌う佐賀県人を揶揄した言葉である。
 同時に佐賀は,「武士道とは死ぬことと見つけたり」と精神論をといた「葉隠(はがくれ)」の本場である。「佐賀には何もなか(ない)」と自嘲するのが佐賀県人気質。これは,頑固一徹,几帳面で融通が利かさを物語る。
 北部(唐津,伊万里など)や東部の鳥栖などは明るく,物わかりのよい人が多い。口下手だから愛情表現は苦手だが,意外と情熱的。
 女性は,「佐賀美人」の言葉通り,魅力的な人が多い。おとなしそうに見えても,しっかりもので辛抱強い。

まち楽 佐賀 -玄界灘と有明海の海産物や佐賀平野のお米などの自然の恵みも豊富 



地域性からみた日本 多元的理解のために』は,1995年6月に伊豆大島で『日本の地域性と現代』というテーマで開催の,3日間の国際シンポジウムの報告書。

 日本は多様な気候・風土・文化に恵まれ、地域性は現在も私達の生活の中に息づいている。民族・家族・言語・音楽・食物・行政・建築・地理・民族の専門家11氏が東と西、中央と地方の対立軸からは見過ごされてきた様々な「日本の素顔」を論じている。

現代日本の社会、経済、並びに文化において、伝統的な日本の地域性はどのくらい、あるいはどういう形で残っているのか、または残っていないのか、もし残っていないとすれば、それは別の形に変わったのか、そして現在の日本の、例えば経済、政治にどのくらい影響を及ぼしているのかを追求。
 『 地域性からみた日本 多元的理解のために』でいう「地域性」とは、さまざまな地域ごとの個性、地域らしさ、多様なあり方を表す言葉として用いている。

・社会組織の地域類型、大林太良
・東北地域:同族組織
・北陸地域:親方子方組織
・西日本海岸地域:年齢階梯制、若者組
・近畿地域:宮座組織
・伊豆諸島南部と奄美:ルースな社会構造


現代日本経済の地域性、安東誠一
・等質地域、機能地域
・日本女性の年齢階級別労働力率:M字型カーブ
→大都市は谷が深い、地方圏浅い
→地方圏:副業発達、家計補助的役割
→大都市近郊ベッドタウン:夫の賃金高、適職機会低い
・個人の経済行動
→西日本:核家族、定住志向低い
→東日本東北:土地との親和性強、定住志向
・高度成長からの定住化
→1、素材産業から機械工業へ(→労働力不足)
→地方、農業の省力化(→労働力余剰)
→→地方への工場進出、定住を促進
→2、財政支出拡大で雇用創出、依存
→農村の市場経済化
・北海道沖縄の経済:ロシア極東地方、台湾、フィリピン等との経済交流の必要性
・大都市から地方への地域間所得移転の余力は今後あるか


現代日本の音楽状況と地域性
・リズムの類型:水田稲作農耕民、海洋漁労民、山村畑作狩猟民、牧畜民、北方狩猟民
日本海側と太平洋側の違い

◆編者:〈ヨーゼフ・クライナー〉1940年オーストリア生まれ。ウィーン大学で日本文化を専攻した後、日本へ留学した親日家。現在、ボン大学教授、ドイツ-日本研究所所長。著書に「ケンペルのみたトクガワ・ジャパン」など。




地域性からみた日本 多元的理解のために

 「三里四方のもの食えば病知らず」といいます。「身土不二」という言葉もあります。どちらも,土地柄と季節に合った食べ物を食べるのが健康によいという諺です。また,し好,特に食生活にはお国柄が顕著です。お米,魚,海草,野菜・・・・。郷土の味は,その土地の気候風土や特産品が大きな影響をおよぼしています。海から遠く離れた内陸にあり,冬は雪に閉ざされた厳しい気候風土のなかで,育まれた福島会津の郷土食は,大豆,エゴマ,山菜,ソバなどを食材とした「健康食」でもあります。

◇寿司

寿司の起源は,東南アジアにあるようです。日本へは,中国を経て伝わったようです。中国から直接渡来したらしく,朝鮮半島経由ではなかったようです。というのは,朝鮮半島にある寿司は,時代的に新しいものだからです。朝鮮半島で「発酵させる寿司」を意味する「シッケ」という食べ物があるのは,東海岸地域です。日本では糀を混ぜる寿司は「飯寿司」と呼ばれ,山陰地方から北陸,さらには日本海側の東北地方から北海道へとつながっています。つまり,日本海を隔てて日本と韓国が似たような食文化を持ち,いわば「環日本海食文化」ができているのです。  

 全国各地の寿司ネタや食習慣・食文化の影響から,寿司飯の味は地域ごとの特徴があります。90年代に入り,寿司店の全国チェーンの展開や中食の普及などで,地域差は薄らいでいますが,いまも伝統的な地域の味は残っています。

  北海道:平均的,  東北:酸味,塩味が強い, 関東:酸味,塩味が強い

  中部:甘め,     北陸:平均的 ,       関西:甘め

  中国:甘め,     九州:濃厚な味,       沖縄:平均的



       参考HP:寿司飯の地域性(mizukanのサイト)



 寿司は,日本人の好きな食べ物の一つですが,元々は沖縄には寿司文化はありませんでした。それが,いまでは本土から寿司が伝わり,海ブドウ,ナポレオンフィッシュ,アカジンミ-バイといった地元の産物を使っての沖縄独特の寿司が生まれました。



食彩-伝統的な食文化

   「三里四方のもの食えば病知らず」といいます。「身土不二」という言葉もあります。どちらも,土地柄と季節に合った食べ物を食べるのが健康によいという諺です。また,し好,特に食生活にはお国柄が顕著です。お米,魚,海草,野菜・・・・。郷土の味は,その土地の気候風土や特産品が大きな影響をおよぼしています。海から遠く離れた内陸にあり,冬は雪に閉ざされた厳しい気候風土のなかで,育まれた福島会津の郷土食は,大豆,エゴマ,山菜,ソバなどを食材とした「健康食」でもあります。

 変化に富む自然を持つ愛知県には,八丁味噌に代表される豆味噌を使った,味噌煮込みうどん,鶏肉を入れた鍋料理など,特徴あるご当地料理が存在します。東西文化の結節点であり,東西の食文化が融合した名古屋には,おひつの中で刻まれたウナギをまぶす「ひまつぶし」,味噌煮込みうどんなど,味の標準化に妥協することのない,個性ある郷土料理が数多くあります。
 そして,地域によって嗜好に差も生まれています。大まかに分けて,関東より東はそば,西はうどんが好まれるようです。ただし,関東圏の山梨などは,「ほうとう」といった名物うどんがあり,関西でももそばが好まれる地域があることから,一概に決めつけはできません。
          参考HP:お国柄が表れる食生活(総務省 家計調査)

関東の味付けが濃い歴史的な背景
 江戸は,徳川家康が江戸幕府を開くまでは,主都の京都からは遠く離れた田舎であった。この時代,江戸の住民のほとんどは農民であった。関東武士とか東国の武士団と呼ばれる人達もいたが,彼等も平時は農業に従事していた。これら体を駆使する人々は,塩分の強い食べ物を好む。こうした背景から,関東では濃い味付けとなった。

関西の味付けが薄い歴史的な背景
 西の文化圏の中心は京と大阪である。京は8世紀末頃より都として,政治文化の中心地であった。大阪はその地便性を活かした商業都市として,またそれぞれが一大消費地であった。こうした土地柄から,ごく自然に料理の味付けは,薄味が主流となった。

 岩手県の冷涼な気候・風土を反映し,県北地域を中心にそば料理等の雑穀類の食文化が普及するとともに,県南地域は,稲作が盛んなことから,もち料理が発達しました。

■鯉

 鯉の先祖は1億3600万年も前から生息しており,原産は中央アジアといわれています。鯉は人間にとって身近な魚のひとつです。赤や白の模様がある錦鯉は観賞用,黒い真鯉は食用にされてきました。鯉が食用とされるようになったのは約3000年前からです。
 米沢の食用鯉は,藩政時代から200年もの長い歴史を持つ。米沢藩九代藩主上杉鷹山は,藩の窮乏の立て直し策として,養蚕や紅花栽培など,画期的な産業振興を推し進めたことで有名です。

■漬け物

 何はなくとも香の物。そういわれるように漬物は,日本人の食卓に欠かせない脇役です。漬け物には,その土地その土地の風土,文化が反映しています。
 例えば,山に囲まれた京の都には,「京野菜」と特筆されるすぐれた特産野菜が豊富に栽培されてきました。それを漬けるワザも年季が入っています。





 日本各地には,旧国名がつく地名やそれを組合せた呼び方で鉄道,道路の路線名,などが付けられています。

・磐城(いわき)→いわき市
・常陸(ひたち)→常陸太田市,ひたちなか市
・武蔵(むさし)→武蔵野市,武蔵村山市,武蔵野線(JR・鉄道)
・安房(あわ)→安房郡,房州うちわ,房州びわ,
・越後(えちご)→越後平野,越後山脈,越後獅子,越後三山,越後杜氏,越後鉄道
・信濃(しなの)→信濃町南信濃村,信州そば,(信濃川:新潟県),しなの鉄道
・美濃(みの)→美濃市,美濃加茂市,美濃和紙,美濃焼
・甲斐(かい)甲州(こうしゅう)→甲府市,甲府盆地,甲州ぶどう,甲斐路

▼ブログ-バックナンバー

県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」


県民性・地域性-2


県民性・地域性-1




⇒ 関連HP ⇒ style="COLOR: #99cc00">エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm


⇒ 関連HP ⇒ style="COLOR: #99cc00">県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm









 愛媛県の今治は,タオルが地場産業となっています。温暖な気候と水に恵まれて発展した百十余年の歴史と伝統を受け継ぎながら,日々技術開発に努め先進的な商品づくりに挑戦し,JAPANブランドとして世界を視野に新たな発展をめざしています。

 同県の四国中央市では,「お札と切手以外は何でも揃う」といわれるほど,江戸時代より手漉き和紙の地場産業集積地として長い歴史を有し,現在でも多様な紙産業が集積しています。近年,ダム建設による工業用水の確保や,港湾整備が行なわれ大王製紙,丸住製紙,愛媛製紙,ユニ・チャームといった有力企業が操業し,今日では紙・パルプ紙加工品などの製造品出荷額は約4,800億円と日本一の紙のまち成長しました。2011年年3月には多目的国際ターミナルが供用を開始し,港湾機能のより一層の充実が図られています。

 石川県での伝統工芸が隆盛した起源は江戸初期にあります。外様ながら百万石の雄藩であった加賀前田藩は江戸幕府に謀反の意志のないことを示すため,惜しみなく工芸に藩の財源を注ぎました。以来,400年にわたり,この地方で工芸は潰えることなく,いまに続いて来ました。 金沢の伝統工芸に連関して産業が生まれました。手仕事の技から繊維を織る産業ができ,そこから工作機械が生まれました。そして産業がまた文化を支える。そうやって街が栄えてきたのです。森の工房では,春,夏,秋,冬と,四季折々の自然を楽しむことができます。

 小豆島に醤油造りが始まって400年。いまも「マルキン忠勇」「ヤマロク醤油」など19軒の醤油醸造所があり,その歴史は続いています。この地では,もともと良質な塩が作られていたことに加えて,海上交通の発達が大豆や小麦の運搬を容易にしました。さらに酵母の発達と熟成に適した温暖な瀬戸内気候も手伝い,小豆島は醤油の一大産地となりました。時間のかかる熟成をじっくりと待てる心のゆとりという,島の人たちの大らかな気質が小豆島の醤油をおいしくしています。

 醤油の小豆島で佃煮産業が盛んなのは当然のようですが,その始まりが戦後と意外です。第二次大戦の敗戦後の食糧難時代に,身近にあった醤油でサツマイモのツルを炊いたことに始まります。いまでは醤の郷を醤油ゾーンと佃煮ゾーンに分けるほどの地場産業になっています。

 岡山県は,南は昔より水運に恵まれた瀬戸内海に臨んで四国に,北は山陰地方と接し,中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあるという地理的条件。そして,古代から,大和地方と並んで古代吉備の文化発祥の地として栄え,現在に至るという風土やなど地域に根ざした学生服,ジーンズ,ワーキングウェアなどの繊維産業,製鉄関連の耐火物や石灰産業,県中北部は木材産業などの企業が生まれています。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー

県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-2


県民性・地域性-1





県民性や地域性は,風土・歴史によって育まれる--今に残る藩制度の名残



2012-225-kennminnsei01

 日本の地方分権は平安時代からの荘園,そして江戸時代に完成された藩で成り立っていました。江戸時代には,大は加賀100万石から小は1万石そこそこといった小藩まで260以上の藩が存在していました。こうした名残は,いまも全国各地に残っています。

 県域における著しい「土地柄」の違いを示す象徴的な事例として,長野県があげられます。長野県は長野,上田,佐久,松本,伊那と六つの盆地それぞれのが生活・文化・経済圏を形成しています。幕末に松本,諏訪,上田,など11藩があり,異質な地域社会が構成されていたものを,廃藩置県で一つの県にまとめたという経緯から,長野県は信州合衆国だ」と言い切る県民もいるほどです。
 

 古代,愛知県は尾張国(木曽川・庄内川地方),三河国(西三河の矢作川地方),穂国(東三河の豊川地方)の3国に分かれていました。大化の改新後,尾張,三河の2国となり,これが江戸時代まで続きました。

 明治4年の廃藩置県で,尾張(知多郡を除く)は名古屋県に,三河と尾張の知多郡は額田県となり,明治5年に名古屋県は愛知県と改められ,同年額田県を廃して愛知県の管轄に移し,尾張国,三河国は愛知県として統一されました。こうした経緯からか,尾張と三河では,土地柄,気質ともに異なります 

 同様な事例は,青森県の弘前vs八戸,山形県の山形市vs酒田市,広島県の広島市vs福山市,静岡県の静岡市vs浜松市など全国各地に見られます。
  この丘はちょうど森の中央に位置しており,森の中を散歩したり,自然の中で遊んだりするときにも,ちょうどいい拠点になります。森全体を見渡すことも可能で,夜は満点の星空を満喫できます。



⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー
県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」


県民性・地域性-1





 島国で南北に細長い日本。古来の呼び名「豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)。その日本の各地方ごとに,地勢や気候風土,さらには遠く律令の時代にさかのぼる国,藩幕といった地域固有の歴史に育まれた独自で個性的な文化を築きあげてきました。そこから派生した価値観,気質そして,風習や暮らしぶりといった地域固有の文化,価値観を県民性と定義し論を進めます。
 そして,都道府県といった行政区分を軸として北海道から九州までの全国各地の地域性とその中核都市の地域性を概括し,加えて地域文化の変化の方向を探ります。

 なお,個々人の性格は生まれ育った土地の風土のみならず,性別や両親や友人の影響,その後の生活環境など後天的なものから形成されていきます。 したがって,生まれ育った土地が同じだからといって,地域に暮らす人たちが,みな同じ気質ということはありえません。だが,その土地ならでの独特の気質や生活慣習など,ある種の共通性が存在します。

 豊かな海に四方を囲まれた日本列島の内陸は,険しい山と川にへだてられ,小さな地域社会の連合体が形成され,各地域に個性豊かな文化を生み出してきました。情報化社会の進展によって文化の画一化が進み,地方や郷土の特徴がなくなりつつあります。
 だが,歴史が育んだそれぞれのお国柄,特有の気質といった地域性は今も健在です。同じ地域の中で生きていてお互いに「文化を共有」していることから,物の見方や考え方,生活習慣や嗜好といったものに,そこに一定の傾向が見られることは必然性を持ちます。

 いま,交通網が整備され,広く県境を越えて人々の移動が日常化しました。こうした状況にあっては,県あるいは地域といった行政区分でのくくりで地域性を見るのはナンセンス」,との指摘もあります。しかし,人それぞれが生活し仕事を営んでいる行政域単位で地域性を探り,その変化の方向を観察していくことは,地域を理解する上で興味深く,また有意義でもあります。
 
 元禄時代(17世紀末~18世紀初頭)の書,『人国記・新人国記』(じんこくき・岩波文庫)では,武蔵・上野・信濃三国の様相を次のように描写しています。武蔵については,「当国,西は山深く,東に江海(こうかい)を受け,広大の国なり。古昔(いにしえ)は武蔵野とて曠原相(こうげんあい)続いて,自ら人の心も活気なり。」(「新人国記」巻之上,以下同じ)と評しています。「熊谷・鴻巣辺は上州の風に異ならず。寒暑中正(ちゅうせい)の内,余寒猶(なお)多し。烈風宇常に多し」と述べ,熊谷・鴻巣辺の風土は上州(上野)と変わらないとしています。
     
 上州については,「当国も山谷(さんこく)多く,甚だ大国なり。‥…・坂東(ばんとう)の国の中にて,地形高く広大にして,開きたる地もあるゆゑに,上野(こううずけ)の国と云ふにや。……民俗……人の心堅固な。」と,上州人気質を分析しています。また「当国の風俗は,碓氷・吾妻(あづま)・利根三郡は,信州に似たり」ともあります。
 このような,いにしえの生活模様は,いまの世にもに通じる所,多です。
                          (出典・参考 「街道の日本史17 中山道  山田忠雄著・吉川弘文館刊」

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー
県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」

県民性・地域性-2



>>>氷点下32・6度、今冬の全国最低気温…北海道

 札幌管区気象台によると、北海道枝幸(えさし)町歌登(うたのぼり)で2月3日午前7時17分に氷点下32・6度を記録し、この冬の全国最低気温となった。

>>>-埼玉・熊谷市で39.8度 6月の最高気温記録を更新2011年

 6月24日、埼玉県熊谷市で39.8度を観測するなど、内陸部を中心に記録的な猛暑となった。気象庁によると、埼玉県鳩山、寄居両町、群馬県高崎、館林両市などの5地点で39度以上となり、国内での6月の最高気温を20年ぶりに更新した。これまでの最高は1991年6月に静岡市で観測された38.3度。記録的猛暑だった昨夏でも、最高気温は岐阜県多治見市の39.4度(7月)だった。